色々出てくる年代だからこそ気を使いたい

保湿力特化型の男性向けオールインワン化粧品といえばZIGENですが、保湿というと30代40代特有の肌のベタつきを気にしがちですが、その辺は気にしなくていいです。

 

男性特有の肌のベタつきの原因は主に皮脂やタバコや化粧品による油分ですから、保湿力とはまるで別物です。肌が乾燥しすぎててもインナードライの症状が出てこれもまたベタつきの原因になります。そんな時必要なのは爽やかな化粧水でも油分の乳液でもなく、強い保湿力です。

 

肌のトラブルの大半はセラミドという保湿成分が不足する事によって起こります。30代、40代の肌の特徴と一緒にZIGENがどういった効果をもたらしてくれるのかを説明していこうと思います。

 

zigenオールインワンフェイスジェル

ZIGENオールインワンジェルの詳細情報はこちら

 

30代40代の肌の特徴を知ってZIGENがどんな効果があるのか知ろう!

 

活性酸素という体内を酸化腐敗を促す成分が分泌されやすくなる年代が30代40代です。

 

今までは何ともなかった事が身体不調の原因となり、肌方面だとシミやシワや乾燥肌とか顔のテカリ、大人のニキビや肌荒れ、ほうれい線といった事が肌に起き始める時期です。

 

これらをなるべく防ぎたい時はどうすればいいのかというと、まあ活性酸素を増やす原因となる食事やタバコや酒を制限してみたり、抗酸化作用のある食べ物を摂ったり、スキンケアをしっかりとやる事が大事です。

 

世間では「酵素ドリンク」とかが大人気ですが、この酵素には活性酸素を無くすような効果があります。

 

色々出てくる30代40代は今までスキンケアをサボっていたり、食事や酒に気を使ってこなかった人がこれまでの生活習慣を振り返る機会でもあるわけです。

 

肌の乾燥を防ごう

 

活性酸素が増え始めたおかげで、体内や皮膚の酸化が進んでくると乾燥肌になりやすくなります。

 

肌の表面にある保湿膜が壊れる事で乾燥肌は起こりますが、この保湿膜が壊れる原因は活性酸素や紫外線や過剰な洗顔といった物理的な刺激によるものが多いです。

 

壊れた保湿膜を治さないと乾燥からくる顔のテカリやシワやシミ、肌荒れ、ニキビといった肌のトラブルが治りません。

 

この保湿膜はセラミドとアミノ酸によって構成されているので、対策として選ぶスキンケア商品は「乾燥対策」とか「オイリー肌対策」といった謳い文句に踊らされずに、成分をちゃんと確認して買うようにしましょう。

 

ZIGENの効果はどんな感じ?

 

ZIGENがスキンケア商品として優秀なのはズバリその成分にあります。さっき説明した、乾燥やオイリー肌の対策をするのに必要といわれるセラミドは3種、アミノ酸に至っては15種類も入っています。30代40代の肌に有効となる成分の多さは何とも魅力です。

 

他にも、肌がべたついたりする原因の油分は徹底排除してるので、ジェルタイプなんですが、化粧水ばりの浸透力を誇っています。

 

アンチエイジングには?

ちなみにZIGENにはアンチエイジングの役割をするプラセンタも入っています。しかしアンチエイジングはあくまで予防でしかなく、それが入っているからといって過度の期待はしないほうがいいでしょう。

 

やはり保湿成分がしっかりとしている方がアンチエイジング対策にはなってくれます。ヒアルロン酸やコラーゲンは肌のハリを作り出し、セラミドやアミノ酸はきめ細かい肌の繊維に働きかけてツヤを構成します。この辺りはZIGENの実力をダイレクトに感じるところです。

 

結局30代40代でもZIGEN使っていいの?

 

ここまで説明したように、肌のトラブルの殆どが保湿成分の不足により起きています。ではどうして保湿成分が不足するのかといえば、保湿してくれる筈の保湿膜を自分の手で壊しているからです。

 

最初に触れたように保湿膜が壊れる原因とは不摂生な食事やタバコ、紫外線、やりすぎな洗顔とかの物理的な刺激の数々です。これらは30代40代から増え始める活性酸素の増加も関わってきてるわけですが。

 

基本として生活習慣を見直すことは勿論ですが、スキンケアも重要なことで、その中でも「不足したものを補修する」という辺りでは成分的にもこの年代のニーズには妙にマッチしていると思えるのです。